【新宿歌舞伎町:デリヘル】「東京モニターガールズ 電マ女子」派遣社員Mちゃん

8112c08d-s

a9817730-s

オフィシャルHPはこちら



先週末に2泊3日と短いが、韓国に慰安(慰チン)の旅へ行ってきた。

12月入ったらレポする予定なんだけど、その前に!!

10月に行った沖縄で出会ったAちゃん(韓国人)ってのがいてね。

その娘がめちゃくちゃ可愛かったのよ!しかも一人旅!!こちとら社員旅行!!

井〇真央+長〇まさみを足して二で割った美女。

w700c-ez_866657b61e30baa95ab16ec1d7283c472456a9ad0b34697f
混ぜたら顔分かんなくなっちゃったよっ!

体験シュノーケリングの現地ツアー中に出会ったもんだから、スマフォもメモ帳もない状態で口頭で聞いたkakaoIDを忘れるという大失態。

わかってる事は、彼女がカンナム区出身ということだけ。

今回俺が訪れたカンナムで偶然出会ったら、結婚を申しk死んでないけどある意味で完全に『冬のソ〇タ』なわけよ!

ま、風俗の基本はスマタだけどね...ってどーでもいい。



やっと会えたね(...言ってみたかった~)

残念ながら今回は彼女と出会うことは出来なかったんだが、いつか彼女と再会できるんじゃないかとい
う気持ちがあれば、訪韓も楽しみになるってわけ。

海を超えたストーキング!純愛!!

今回心に負った傷を癒してくれるのは素人しかいないっ!(語弊有り)...という事で向かったのはフーターズ...ま、続きは訪韓レポの時にでも。

そんなこんなで今回は2回目のガチ素人とのマッチング系風俗。

「東京モニターガールズ 電マ女子」

電マで繋がる恋の行方は...。

前回の女の子とのレポはこちら

前回、初めてのお店だったのでまだまだ未知だった部分を俺なりに今回はしっかり修正してきた。

結果、最高にドスケベに楽しめた。

出会い系と言えば《エン》のプロがいることも事実。

その中でプロではなく素人ちゃんと出会えてドスケベまで持ち込めたらどんな楽しいかはスケベな皆様の想像に難くないと思う。

細かいやりとりは前回のブログに書いたので、参考にしてもらえればと思う。

で、今回も前回同様に遊び方のキーワードとしては、【素人】・【直電】・【待ち合わせ】・【電マ】となり、お互いがいいなと思って初めて成立するマッチング系風俗。 

まずはHPにあるエントリーシートを記入する事が最初のステップ。 

それでは早速行ってみましょ!

☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛
=パーソナルスペック=

熟練度:まぁ、熟練度と言ってもお店に努めてるわけじゃないからねぇ。何人かと会いましたよーと言うレベル。ただし、内容を聞くと実際はそんなに深く入り込んでやってるわけではなさそう(後述)

年齢:24歳と言っていた。以前遊んだ娘も24歳。この年齢くらいがちょうど『盛(さか)り時』って感じなのかねぇ~。彼氏なしの派遣で働いているって言ってた。
 
バスト:天然乳。俺の判断では83cmBカップと言ったところか。ただし、素人さんは演技なしで感度が良かったよ。乳首がとても感じちゃうようで、俺もそのリアクションに大興奮。
 
ボディー:上記の通りおっぱいも小ぶりでお尻も小ぶり。ある意味で今風の原宿あたりを歩いてるモデルに憧れてる系の若い女の子っぽいスレンダー体型(ややこしい)。
 
陰毛:あったよ!もうね、俺が求めてた有明産(かどうかは知らんが)。九州の天然トレジャー!旨さも別格!(やめなさい)。結構もしゃもしゃ生えてて物凄くエロかった!
 
その他詳細
喫煙:なし
お絵かき:なし
傷:なし
--------------------------------------------------

今回は90分37000円でがっぷりよつ。

※ホテル代別途。料金の詳細は文中で。


流れとしては事前にエントリーシートを記入し、女の子からの非通知での電話を待つことから始まる。

結局のところ、スタート時は女の子に気に入ってもらえないと話が進まないというのもあるが、よっぽどのことがない限りNGはでないと思う。


だが、登録後に女の子からのアプローチ連絡が一向に来ない....。

イヤだっ!NG出たのかしら...。で、実はしばらく放置していたので、そのまま日数が経ってしまった。

で、晴れて再挑戦。

プロフを送信!っと。

昼一に飯を食いながらエントリー登録を済ませ、「スケベな子と出会えますように!」と願掛けしながら送信!

その日の夕方...。

「泣かな~いでぇ~♪」とひろしの渋い声で着信がなるも、非通知電話。


非通知という事で思わずスルーしてしまったわけだが、「あっ!電マ女子の女の子からじゃね?」と気づいた時にはすでに遅し。
(最低)

10分後、再度非通知電話が鳴る!

キタ━(゚∀゚)━!!

「もしもし~」

「あっ、モニターガールズの...」

「あー、ごめんね~。さっき非通知スルーしちゃって。お名前は何ちゃん?」

「うふふ、大丈夫です。Mといいます」

Mちゃんの可愛らしい声。

「いつがお時間ありますか?」

「明後日の夕方くらいとかどう?」

「えっと...はいっ、大丈夫です」

「場所はどこがいい?」

「えっと...新宿とかでも大丈夫ですか?」と、Mちゃんの慣れない感じながら話は進む。

結局、同じプロフィール内容で送ったところで今回のアプローチがあったという事は、タイミングがすべてってこと。ちょっとホッとした。

《綺麗な髪の毛が好きです》っていう自己PRに引かれたのかと思ったわ。(キモい)

あら?前回は無かった何やらHPにチャット機能の告知があるじゃないっ!


写真 2017-11-28 16 25 01
写真 2017-11-28 16 25 12

写真 2017-11-28 16 25 26

エクセルオール?カフェ?

とりあえずダウンロードする。

ログインしてみたが、ただいま女の子が入室していませんとの表示。

出来たばかりなのでまだ利用者が少ないのだろう。

だがこれが一瞬だけ使える代物となる(後述)

まぁ、この手のアプリが有効的に稼働し始めたら、完全に俺の武器が増える事になる。

疑似餌をばら撒き、延縄漁業のようにバッサーと女の子をすくい上げる。

そんなこんなで約束の日、当日。

新宿の待ち合わせ場所へ向かうと、リロ~ン!とアプリに通知がくる。

先ほどのアプリにメッセージが。

「今、新宿に向かってます。予定通りで大丈夫ですか?」とメッセージが入ってくる。

なるほど!当日に彼女とのやり取りとしても使えるわけね。

彼女との電話のやり取りは、相手が非通知なのでこちら側からのアプローチは不可。

故にこれがあれば!

「もうすぐ到着しますよー」と入れる。

「着いたよ!」とメッセージを入力しようと思ったら、先ほどの画面に彼女が見当たらない。

彼女がログアウトしちゃうとメッセージ記録がリセットされてしまう...のかも。(まだ使い込んでいないので、詳しく分かっていない)

とりあえず、俺が到着した事は伝えたので、待ち合わせ場所で彼女の到着を待つのみ!

すっぽかされたら泣く!

「泣かな~いでぇ~♪」と再びひろしの着信。

「もしもーし!」

「もしもし~、Mです。今到着しました」

「Mちゃん、どんな服装?」

「ムートンブーツに上着が〇〇色です」

「あー、いたっ!!」

か、可愛いじゃないか...どぴゅ。

「初めまして~、よつ夫(仮)です~」

「初めまして!Mです」

「それでは早速ホテルに行きましょうかね」

普通の出会い系よりも、目的がハッキリしているので話が早くていい。

「はいっ」

「電マはその中に入ってるの?」

「入ってます(照)」

そんなこんな談笑しながら向かったホテルはお馴染みラピア

6b6e9274-s
部屋写真を撮り忘れたので、以前に使った際のベッド写真をば代用で。

3500円/2時間(部屋によって料金が変動、会員(無料)になっておくと200円割引)

部屋に入り彼女の素性を軽く調査。

24歳派遣社員。九州地方から上京して数ヶ月。
BI〇BANGのG-D〇AGONのファン。
(これくらいで、あとはプライバシーに関わるので、記載せず)


「あれ?Mちゃん、お店に電話連絡しなくて大丈夫?」

「あっ、忘れてました笑」

とにかくMちゃんは素人っぽさ全開で、このお店のシステムもあまり分かっておらずと言った感じか。

家出少女じゃないのに家出少女感があって興奮する(やめなさい)

天然っぽい性格も手伝って、色々とイケそうな気がする!

iapp

まぁ、こういう女の子が一番楽しかったりする。

さらにお店のスタッフさんが、都度電話連絡くれるのでそこはシステム上問題ないと実感。

彼女がお店のスタッフさんとの電話の途中で、俺に代わってほしいと。

Sakamoto_Ryoma「それではこれから開始されますので、最初の30分間の分として女の子に10000円をお支払いいただけますか?」

電話対応は非常に丁寧である。

彼女に10000円を渡し終えると、彼女が電話を切る。

【最初の30分】

さて、最初の30分はお互いに服を着た状態で、電マを当てて彼女の反応を見る。

その際、ここではノータッチ。彼女に触れられるのは電マのみ。

彼女がバックからワイヤレス電マを取り出す。

彼女をベッドに仰向けに寝かせて、電マのスイッチをオン!

服の上、もしくはパンティーの上からマンコに電マを当てていく。

ブィィィィィ~ン!!やや弱めのパワーは一般素人さん向けにソフトな仕上がりの方が引かれない、痛くないという配慮からだろうか...とは考え過ぎか。

『代々木4丁目のブラック伯爵』と呼ばれ(誰か呼んで!)ブラック電マを愛用していた時代の俺からは考えられないほど優しい電マを使用している。

時間の経過とはこうも人を変えるのか(しみじみ)

まぁ、どーでもいい。

で、優しく彼女の股間を旋回しながら当てていく。

恥ずかしそうにしながらも、彼女がまだ電マ開発されていないのは一目瞭然。

「Mちゃん、料理と電マはその人の腕次第で良くも悪くもなるんだよ」キチガイじみた説法をしながら、本気を出す。

電マのレベルの緩急、ヘッドの先端からチンポで言うカリの部分を駆使しながら優しく責めていく。

ただし時間は30分。

シャワータイムもないこの30分は目一杯集中してプレイが出来るのが嬉しい。

彼女の脚を広げ、ワレメからクリにかけてめくり上げるように電マをあてがって行くと、ただただ照れていた彼女が急に「んん...あっ、ああっ!!」と鳴き出し、俺の腕をギュッと掴んでくる。

これを『気持ちよさの向こう側』と呼ぶ。

脚を開いて真剣に股間に電マを当てられるなんて、普通に考えたら相当恥かしいだろう。

このリアクションが見れただけでも俺は彼女に会えた価値があると思っている。

だが、今俺の頭の中はドスケベでいっぱい。

脳内のドスケベコンピューターがしっかりと攻略を練っている。

残り5分を残したくらいだろうか...よし!最初の30分はこれで仕込み完了!

しばし話をしていると、お店から彼女に電話が。

電話越しにスタッフさんと話をした彼女が、再度俺に電話を代わる。

Sakamoto_Ryoma「延長の方はどういたしましょうか?」

yotsuo「是非!お願いします」

Sakamoto_Ryoma「それでは、彼女に12000円をお支払いいただけますか」

yotsuo「かしこまりました」と言って彼女に電話とマネーを渡す。

「はい...はい、お預かりしました」と言って彼女が電話を切る。

【次の30分(都合60分)】

そして、俺は彼女にシャワーに行こうと促す。

2回目ともなれば俺も慣れたもんだ。

しかも彼女が唐突に嬉しいことを言い出す。

「私、男性とお風呂に入ったことないんですよ」

俺からは彼女が嘘をついているとは到底思えない。

普通に読んだら、「おいおい!よつ夫、目まで腐ったのか?」と思われるかもしれないが、そういうしょーもない計算をする女の子では全くないのよ。

理由は普通に『一緒に入るのが恥かしい』と実にシンプル。

ビンビンになったチンポをサワディーカップしながらパンツを脱ぐ際、チラチラとこちらを見る彼女の目線に大興奮(大変態)。

先にシャワーの湯加減を調整していると...あれ?彼女が入ってこない。

彼女も下着を脱ぎ、すっぽんぽんの状態で浴室の手前で立ち止まっている。

か、可愛いじゃないか...どぴゅ。

「恥ずかしいよね、じゃぁ、浴室の電気を落とせば大丈夫だよね」

「...うん、ありがと」

しおらしいMちゃんが可愛すぎて思わずイキそうになる。(なんで?)

おっぱいは小ぶりなスレンダーボディ、トレジャーは全く手つかずの天然(最高)。

とりあえず浴槽にお湯を溜めながら、お互いに軽くカラダを洗う。

ここではあまり攻めて行かず、似非紳士を演出(最低)

彼女の肢体をじっくり観察。

やはり天然無添加のトレジャーほど興奮するものはこの世にないんじゃなかろうか。

で、シャワーをサクッと終え、ベッドへ。

彼女もどういう流れがいいのかあまり理解していないようなので、こちらのリードでサワサワと攻略して行くことに。

とは言え、決められた時間内なので配分を気にしながら。

彼女の首筋に軽く唇を添えリップし始めると、「ハァ...ハァハァ...」と息を漏らしながらカラダをビクビクっ!と反応させる。

そのまま口元へ接近すると、なんのためらいもなくブッチュ~とキスをさせてくれるMちゃん。

レロレロと純情キス。

こちらがリードしながら舌を絡めたり濃厚にキスをしてると、彼女がギューっと俺を抱きしめてくる。

ちょっと待て!これすきになるやつじゃないか...どぴゅ。

ディープにキスを展開しながら、胸元をサワサワ。

相手が素人ちゃんとくれば、ねっとり口撃はかなりの有効打となる。

すでにキュキュキュッと勃起している乳首をペルペルと旋回舐めすると、目をギュッと閉じながら俺の腕をギュッと掴む。

しかも結構な力で、だ(感涙)

展開を早めていく。

乳首を舐めながら、内もも、ワレメの側道に指を走らせると、ワレメからヌルヌルした粘液が大量に溢れてるじゃないっ!

まさに《ビチョビチョ》という表現がしっくりくるほど濡れている。

まだ触れてもいなかったワレメから滲み出てる、しかもさっきシャワーに入ったばかりなのでその早さと分泌量たるやスケベ過ぎるでしょ!(最高)

ここからはプロの女性でもかなりの確率で照れるという秘伝の言葉責め。(最低)

「...ん?...あれれ?ちょっとMちゃん?...なにこれ?」と言いながら指に付着した粘液で糸を引いてみせると「いやぁ~だぁー!違う!それ私のじゃないっ!」

か、可愛すぎないか?...どぴゅ。

わざわざ聞く事ではないが、あえて問うてみる。

「Mちゃんのこの濡れたオマンコ舐めていい?」

「恥ずかしい...」

じゃぁ、目を閉じてていいから。と良いのか悪いのか分からん返しにも素直に応じる可愛いMちゃん。

「まずは自分で触ってみて。濡れ方が凄いから」と言いながら彼女の手を引き、オマンコへ。

「...え!?...え、え...すごい(照)」

クリはズル剥けで振る勃起状態で、ビラは無しの美マン。

クリをねっとりと旋回舐めすると、びっくりしたような表情で再び、俺のカラダにギュッと抱きついてくる。

2017y11m29d_102740394

無言で彼女に抱きつき返し、頭をポンポンと叩く。

そして、再度マンコという戦地と向き合う。(やってることはクンニリングスだけ)

ワレメを舌で上下に這わせるようにストロークし、併せてクリをペロっと優しく弾き舐め。

これを繰り返すと、口の中に彼女の美女汁をたっぷりと感じられる。

しかも濃厚な美女汁という特典付き!(涙目)

美女汁で濡れたトレジャーは、まるで有明海で採れた高級海苔。

おにぎりにm...もういいです。

クリを中心に規則的に上下に優しく弾き舐めを続けると、彼女の俺を掴む握力が一気に上がり「んんっ、ああっ...んんんん~!!!はぁあんっ!!と最後のひと鳴きをしてヒクヒクし始めた。

昇天したらしい...。

しばし、彼女を休ませてから、俺のチンポを彼女のクリに擦りつける。

そしてチンポを彼女のクリに擦りつけている最中、まさにその最中に再度、彼女の携帯にお店から電話が掛かってくる。

【次の30分(都合90分)】

Sakamoto_Ryoma「ご延長はどうなされますか?」

ここで引くほど俺は出来た人間ではないので...

yotsuo「延長のほど、よろしくお願いいたします」(お侍さん風情で)

Sakamoto_Ryoma「ありがとうございます。それでは女性に12000円お支払いください」

で、彼女に支払いを済ませ、再度擦りつけ開始。

もう彼女はどうにもならないほどに濡れ、欲しがりのアヘ顔状態。

両脚で俺の下半身をグイっと引っ掛けてくる大胆なアプローチ。

それでもチン先でクリを刺激し続け、焦らしに焦らす。

彼女の表情を観察しつつ、このタイミング!という時に密着度を高めていく。

「ぁあああ~んっ、あっ、ああっ、ぁああああ~!!」

チンポ全体に彼女の粘着感と温かさを感じながらのグラインド。

ヌッチョヌッチョと美女汁が泡立つほどのトロマン。

ギュッと抱きつき濃厚なキス、両脚を抱えながら緩急つけたディープなグラインドで彼女も完全にドスケベモード。

彼女が枕で顔を隠したりと、それはもう興奮する所作をしまくるので一気に射精感が襲ってくる。

しかも相手はガチの素人。

聞いてもいないのに彼女の日常が脳内に映し出されていく(キチガイ?)

明日も派遣の仕事へ行くと言ってたのに、前の晩にこんなスケベな事して最高じゃないか!とは声を出しては言えないので、脳内ツイート。

あぁ~、Mちゃん!!

DELLっ!!

ドビュビュビュビュー!!!!!

スゴい量のザーメンが彼女のお腹に発射された。

まだ少し時間があったので、最初に溜めたお風呂に一緒に浸かったりとまさに恋人気分を満喫。

「あっ、そういえばMちゃん、チンポしゃぶってもらっていい?」と聞くと、パクッと咥え始める。

もちろんスキルなどないが、チュポチュポと健気にしゃぶってくれる彼女を見ているだけで十分気持ちいいし、脳内でもう一発発射したよね。

おいおい、Mちゃんのこの展開、楽し過ぎるじゃないか。

恐らくこちらが主導してのペース配分だったからか、実質90分だったんだけど120分コースくらいの時間的感覚で余裕を持って楽しく遊べた。

まぁ、Mちゃんとかって大当たりの部類に入るんだろうなぁ(しみじみ)

最後にもう一度お店から彼女のスマフォに電話がかかり、俺にかわる。

Sakamoto_Ryoma「お客様、ご延長はいかがされますか?」

yotsuo「あっ、ここで終了でお願いします」

Sakamoto_Ryoma「かしこまりました。本日はご利用ありがとうございました」

a9817730-s

◆総評◆
今回は2度目の電マ女子。前回はビジュアル面が良かったけど、今回は性格が半端なく可愛くて楽しかったなぁ。Mちゃんは顔も可愛らしかったんだけど、性格の方が印象深いんだよね。九州訛りも最高に興奮したし。前回の子に続き、このお店に登録している女の子はある程度のビジュアルは確保されてるっぽいんだよ。実は俺の友人もここで遊んだ際に出会った子のビジュアル面でのレベルが高かったって言ってたし。いわゆる『THE 風俗店』というのとはちょっと違い、フリーランスな女の子が登録していると言う感じなんだけど、登録させる際にもお店として存在している以上はある程度のビジュアル審査はあると思う。Mちゃんの良さは文中に色々書いたので伝わると嬉しいんだけど。ある意味でギャンブル性の強いお店であるが、ビジュアル面でのギャンブル性はほぼ心配ないと思う。内容は30分の電マ以外は決められていないので、そこからはあなたの腕次第!と言った意味でギャンブル性を楽しめる人には絶対オススメ!派遣社員のMちゃんは推せる!よつ夫保証!!(...だけど、指名とかないからなぁ、多分)。ハッキリ言うと、ここには磨けばドスケベに光る原石が眠ってる...かもね。

a9817730-s

濃密度star_icon5(五段階評価)

彼女の性格があまりに良かったので、若い素人ちゃんとデート気分をたっぷり味わえて楽しかった!(ホントに)。ドスケベ追加マネーも一切なし!!


お店へ電話する



~読者様へ~

遊びに行った際、お店で「体験ブログ見た」と言って頂いてる神様のような読者様へ。ありがとうございます。その一言が、もっと多くのパックリ娘のご紹介に繋がりますのでよろしくお願いしますm(__)mそして、その一言で、その日出勤の一番オススメの女の子を紹介してもらえる事でしょう(特にフリーで遊ばれる方の場合)

※この体験リポートはあくまで個人の感想です。プレイした内容において嘘、過大評価等をする事なく、ガチンコ(忠実)にリポートしています。また★の数を保証するわけでもありません(が、事実のみの★です)女の子の内面(性格等)の部分と本気度を重要視する傾向にあるので独自の評価基準を設けています事をご了承ください。


最近、ちょくちょくとコメントをいただいております。その際、こちらから直接コメントを返信できるメールアドレスを一緒に載せて頂けると助かります。公開したらライブドアからキックされそうなコメントもありますので。いただいたご意見・質問等の全てにお答えできるわけではないこともご承知ください。気分を害するようなコメント、粘着厨なコメントは華麗にスルーしますのでご了承くださいませ。風俗遊びは必死にならず楽しみましょう。