【川崎:人妻デリヘル】「川崎人妻城」吉野なぎさ

tenpotopimage1


1543_198654

オフィシャルHPはこちら

女の子詳細はこちら



恥ずかしがる女性に性的興奮を覚える(いきなり性犯罪者風の告白)

ドキドキして心拍数が乱れ、心臓がギューッとなる(そんなに!?)

好奇心が止まらない性格ゆえ、若い時分に無駄に数々の性的経験をしてきたので、興奮要素のハードルは高くなるばかりでよっぽどの事でもない限り、チンポに芯が入るほどビンビンにはならない。

いや、勃つんだよ。普通に勃つんだけど、絶対的な興奮に達した時とは【芯】の入り方が違う。

ぶっちゃけていうと、ペニクリと熟女、毛全般での【芯】は鉄板。

ちょっと変化球として昔から好きだったのがオナラ(俺、人として大丈夫か?←ダメだと思います)

こういう話をすると、すぐに「いやいや!」「ありえないでしょ!」「きたねぇ~なぁ~」と言う人がいるんだが...。

433neo00416pl

ちょっと待ってくれ!(ブラウザの戻るを押す読者さんを必死に引き止めるように)

正確にいうと、オナラ自体はあくまで手法であって、そのオナラをする事によって起こる『恥ずかしがる姿』『照れる姿』に興奮するわけ!(何を必死に書いてるんだろうか)


ということで、今回のレポートは「奥さん、今オナラしただろ?ごめんなさい、でもわざとじゃないんです...嗚呼、恥ずかしい...」(え?店名?)

...って、違うっ!!

正確には「川崎人妻城」(おいおい、どんだけ違うんだよっ!)

もうこのブログでは言わずもがなの川崎のドスケベ店。

オプションの多さと女性のドスケベさに抜群の安定感があるのは、俺が実際に同店にて多くの経験即から学んでいる。


気になる在籍女性だが、TOP20と書いてある(現在はTOP18)彼女らが川崎人妻城を代表する【ネ申20】

フムフム、新人さんも数名見受けられる。

確かに俺の経験した女性陣もチラホラ。

過去レポートはコチラから参照されたし。

2019y04m15d_172934924
2019y04m15d_172946737

※画像クリックでオフィシャルの在籍一覧へ飛ぶので要チェック!

もちろん、まだまだ未踏なドスケベマダムは多い!

『壁は高いほうがいい』と言う名言があるが、『ドスケベは多い方がいい』という迷言も記しておく。

それでは早速行ってみましょ!

☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛
=パーソナルスペック=

熟練度:ぼちぼち長いと言っていた。具体的には聞かなかったが、出勤自体があまり多い女性ではないようなので、まだ初々しさが残っている...というか、極度の照れ屋さん。(最高)
 
年齢:オフィシャルでは23歳。実際はアラサーと言っていた。話した感じそんなもんだろう。まぁ、今回は彼女の性格を最後まで掴めなかったので、分析ができなかったのよ。
 
バスト:天然乳。オフィシャルでは84cmのBカップ。実際もそれくらいだと思う。乳首の感度はしっかり高めで、通常より突起がちな乳首は見た目にもエロい!

ボディー:生々しさ溢れるムッチムチボディ。色白なのは外出をあまり好まないようなので、完全美白と言える。全身の感度はかなり高い。
 
陰毛:天然トレジャーがたっぷり!これぞまさにナチュラルトレジャー!クンニ時にフサフサとトレジャーがお口に巻き込む楽しさは久しぶり!もちろん、お口に残ったトレジャーは美味しくいt...(やめなさい)
 
その他詳細
喫煙:あり
お絵かき:なし
--------------------------------------------------

今回は80分17000円でがっぷりよつ。

※待ち合わせコース、新人割引適用、ホテル代別途。

さらにこのお店で初めて遊ぶ人は、この割引を使うと80分17000円が90分15000円(新規限定、入会金込、指名料と交通費別途)で遊べるので参考までに!




いつものように京急川崎駅付近からお店へ電話をかけると、毎度スタッフさんの段取りのいい対応。

京急川崎駅北口(?)改札を出たすぐ右側にある小さなセブン前で待つ。

5分もしないうちに非通知の電話がくる。

「はいもしもし~」

「あっ、はじめまして。よつ夫(仮)様の携帯でしょうか?」

「そうですそうです」

「今、どちらにいらっしゃ...あっ、いましたね」

電話と言うのは不思議なもので、お互いに話し合ってる場合、比較的すぐに見つけられるものだ。

「どもども~、よろしくです~」

「はい~、吉野なぎさと申します。よろしくお願いします~。恥ずかしいですね~」

「はい~」っと語尾を伸ばす独特のイントネーションのあるなぎささんは、おっとりとした印象。

2人で並行に歩き、談笑しながらホテルへ向かう。

明るい性格だが、照れ屋さんなのか恥ずかしいを連発するなぎささん。



今回使ったホテルは川崎ではお馴染みになりつつあるシティ

c601_sp
※写真をとるタイミングを逸したのでオフィシャルHPより抜粋

601号室

3500円/100分(ショートタイム)


「いや~、緊張しますね。恥ずかしいです」

「あはは、僕なんかに緊張もしなくていいですし、気楽にやりましょう!」

目が合うと自然とそらすあたりが照れ屋であり、人見知りさん特有の雰囲気を出す。

部屋に入るとすぐに「あっ、お風呂溜めてきますね」と段取りのいいなぎささん。

しばしリラックスさせるために彼女をソファーに座らせ、俺はベッドに腰掛けて対面して談笑する。

「え...っと。よつ夫さん、ご趣味はなんですか?」

え?お見合い!?

可愛いんだけど。

そろそろというタイミングで、「なぎささん、お風呂に行こっか」

「はい~」

俺は速攻で全裸になり、シャワーのお湯を調整するため先に浴室に向かう。

脱ぐ姿を見られるのは恥ずかしいだろうと思ったので一応、俺なりの気遣いである。

「あっ!ごめんなさい!私がやらなくちゃいけないのに」

「全然大丈夫!寒いから先にお湯出しておくねー」

お湯加減を調節していると、なぎささんが浴室に入ってくるも、なぜか俺の後ろに。

ん?...手で上下の大事な部分を隠し、俺の後ろに立ったままだ。

「ん?あれ、なぎささん、どうしたの?」

「あ、え...恥ずかしいです」

そんな照れかたされたらビンビンになっちゃったじゃないのよ!...っていうか、ずっとビンビン!(何で?←キモい!)

彼女が恥ずかしがるほどに俺のビンビンが伝説化(他店ネタやめなさい)していくので、こっちまで恥ずかしくなってきちゃうじゃないのっ!!

「ちょっとー!なぎささん、そういうのズルい!興奮するから!!」

「だって、恥ずかしいですよ~」という彼女を正面に立たせ、胸に置いている手を取り払うと...乳首がビンビンっ!

74ECA886-999B-4C9D-9955-D6CDB343A2D0

んもうっ、どんだけ~!

このあとも彼女の乳首は勃起状態だったので、元々少し突起型であった事はこの時は知る由もなかったスケベ仕様な乳首。

しかも視線を落とすと...いやぁああああ~!!!

ワーカメ好き好き~!でお馴染み石〇鉄男並み(語弊有り)の天然トレジャー!



さ、最高じゃないか...どぴゅ。

浴室の段階でフル勃起になった僕は、彼女が照れながらギンギンのチンポを洗うその姿に射精を堪えるのが大変でした(小学生の読書感想文風で)

まぁ、いい。

で、全身を綺麗に洗ってもらった後、一緒にバスタブに入るも彼女はまだまだ緊張が隠せない様子。

もう少し彼女の緊張感を味わおうと思い、微妙な距離感を楽しむ。

シャワーを出て、ベッドへ。

「あの...よつ夫さん。部屋を暗くしてもいいですか?」

久しぶりに聞いたわ...どぴゅ。

【リップ】

「それでは寝てください、はい~」

「あっ、なぎささん責めてくれるのね」

俺の上に覆いかぶさり、乳首舐めから。

俺の乳首に吸い付き、あまり舌の動きは小さめにペルペルと小刻みに舐めるなぎささん。

舐められている合間に彼女のカラダをサワサワすると、ビクビクンっ!と好反応。

「あー、なぎささん、乳首気持ちいいわぁ~」(しみじみ)

「嬉しいです」

何だろう....彼女からはいい意味で素人感丸出しの匂いがする。

彼女の髪の毛が俺のカラダをサワサワした際も、「あっ、くすぐったくなかったですか?大丈夫ですか?」と気の使いよう。

もちろん悪いことではないんだが、もう少し砕けた感じでもいいかなって思いつつも、これも彼女の性格なんだろうね。基本丁寧口調である。

そんなこんなで両サイドに丁寧な乳首舐めをしてもらうと彼女は徐々に下半身へと。

【フェラ】

丁寧口調な彼女が下品なビンビンのチンポを舐めるというシチュエーションはエロい!(想像の仕方っ!)

俺の脳は都合のいい変換をする癖が付いているので、すぐにスケベな妄想を広える特殊技能とも言える(クズ)

彼女がゆっくりとチンポをパックンチョ。

ゆっくりとしたストロークに併せて、握っているチンポをシャカシャカオプション。

これ!カリの部分が特に感じる俺にとっては、気持ちよすぎて時に【うっかり】を起こす危険がある。

唾液を垂らしながらシャカシャカのプラスされたスケベなフェラ。

おいおい!なぎささん、スケベに舐めてくれるじゃないのぉ~(感涙)

チンポをたっぷりしゃぶり、金玉までペロペロと丁寧に舐めてくれる。

彼女の性格なら、69ってのは地獄のような恥ずかしさではなかろうか...ウヒョヒョヒョ。

「なぎささん、69しよっか...」

「あ...え...ホント...ですか?」

どぴゅ。

ー攻守交替ー

【マンコ&69】

ビラ無しのクリ通常仮性の勃起型。

69の体勢なんて完全に俺に全てを見られちゃうわけだから、普通に考えたらこんな恥ずかしいポジションはないわな。

俺の頭上をゆっくりとまたぐなぎささん。

「ん?ちょ、ちょっと、なぎささんっ!」

「えっ?えっ!?」

「ビショビショに濡れてるじゃないのっ!」

「いやっ!恥ずかしいですっ」

エロマンガみたいなやりとりだが実話である。

俺はまだ彼女の身体に触れていないのに、チンポを舐めただけで濡れてしまったのか...。

これが近所の奥さんだったらどんなスケべな毎日か(近所の奥さんにチンポしゃぶられないだろ!)

まぁ、いい。

いずれにせよこれだけ濡れてくれるってのは嬉しいもの。

ワレメ全体を大きく舐めると、クリが包皮からニーハオしてくる。

そんなクリを舌先で上下に弾き舐めすると、カラダをブルブルさせながら鳴くなぎささん。

ピンク色のワレメが興奮して充血し、ドドメ色に変色したように感じるのは気のせいか。

そのまましばらく舌を使い、ワレメを上下にストローク。

ヌルヌルがスゴい!(最高)

クンニ時による唾液以外にしっかり彼女の天然スケベ汁がたっぷり分泌されている状態でフィニッシュへ。

【フィニッシュ】



彼女をギュッと抱きしめ、キスをしながらクリをチン先でコリコリと刺激する。

ヌルヌルした粘液がMAXに溢れ出て、ヌッチョンヌッチョンとスケベなサウンドうを奏でたのを合図に徐々に密着度を高めていく。

「ぁあ~、あっ、ああっ!!」

彼女のトロマンをチンポ全体に感じながら、緩急つけながらのピストンストローク。

ヌッチュヌッチュと泡立つスケベな本気汁。

「なぎささん、痛くない?」

「はい~、痛くないです~」

彼女のおっぱいを優しく揉みながら、舐めながらグイグイと腰をスクイーズしながら腰を振る。

両脚を抱えて、ディープにピストンすると彼女の声が一段階大きくなる。

「ぁああ~!あっ、ああんっ、ああ~んっ!!」

「なぎささん、こっち見て」とわざと言ってみると、「あっ、ああんっ、恥ずかしいです~」と言いながらも俺をチラ見。

DELLっ!!(何で!?)

ドビュビュビュビュー!!!

彼女のお腹にどっぴゅんこ。

1543_54253

◆総評◆
さすがドスケベの人妻城。最後はたっぷり気持ちよくフィニッシュあせてもらったわけだが、今回のなぎささん。今までの人妻城では出会わなかった全体的にフワッとした不思議な空気感を持っている女性だった。もちろん普通に話はできるんだけど、思わずホントに?と思ってしまうほど「恥ずかしい」を連発する女性なの。ただ、彼女のリアクションの一部始終を観察していると、本当に照れ屋さんであり、人見知り屋さんなんだろうぁと思ったのがシャワーの件は先述したが、ホテルから出る時も裏口の人が通らない出口からこっそり出ていくあたりが本気だな、と。まさにあれが彼女の素なのであろう。性格は優しくおっとり系。それでもフィニッシュはドスケベってのが流石川崎人妻城だな。(しみじみ)

1543_198655

濃密度star_icon5(五段階評価)

安定のドスケベを提供してくれる川崎人妻城。なぎささんのキャラは掴めなかったけど、ビショ濡れであった事は確信出来た。


お店へ電話する


※※※※※※※※※※※~読者様へ~※※※※※※※※※※※※

※よつ夫保証とは...
ドスケベ、性格、容姿とアテクシよつ夫の独断と偏見によりまた会いたい!惚れた!と思った女性のみに付くプレミアムな評価です。熱量の参考にしていただければ。プレイの濃厚さの★の数とは比例しないのであしからず。

遊びに行った際、お店で「がっぷりよつブログ見た」と言って頂いてる神様のような読者様へ。ありがとうございます。その一言が、もっと多くのパックリ娘のご紹介に繋がりますのでよろしくお願いしますm(__)m

※この体験リポートはあくまで個人の感想です。プレイした内容において嘘、過大評価等をする事なく、ガチンコ(忠実)にリポートしています。また★の数を保証するわけでもありません(が、事実のみの★です)女の子の内面(性格等)の部分と本気度を重要視する傾向にあるので独自の評価基準を設けています事をご了承ください。

最近、ちょくちょくとコメントをいただいております。その際、こちらから直接コメントを返信できるメールアドレスを一緒に載せて頂けると助かります。公開したらライブドアからキックされそうなコメントもありますので。いただいたご意見・質問等の全てにお答えできるわけではないこともご承知ください。気分を害するようなコメント、粘着厨なコメントは華麗にスルーしますのでご了承くださいませ。風俗遊びは必死にならず楽しみましょう。