【蒲田:デリヘル】「蒲田ちゃんこ」ゆみ

image

00115737_girlsimage_01


オフィシャルHPはこちら

女の子詳細はこちら


さぁ~、ほれっ!(風俗の体験ブログでこんな素敵なマーチが聞こえるのはこのブログだけ!)



に~じの~みやこ、ひ~かりの~みなと、キ~ネ~マの天地~♪でお馴染みの蒲田。(古い)

池田屋の階段落ちでお馴染みの蒲田(古い)

東北楽〇ゴールデン〇ーグルスに所属するプロ野球選手でお馴染みの釜田(知らない!←かまた違いだし、この選手自体よく知らない)

久しぶりの蒲田上陸。

今回のお店は、まさにがっぷりよつとも馴染み深い(名前だけ)、蒲田ちゃんこ!

巨乳・ポチャ専門でごわす。覚悟してまいられよ!!と言うお店のフレーズも実にいい。

ぽちゃ店なのにぽちゃを謳わないお店と違い、ハッキリとその嗜好の方へ向けた潔いお店だ。

写真修正をする技術を持ち合わせていないという打ち出しも親近感が持てる。

これね↓↓↓↓↓↓↓

concept


在籍を眺めると、やはり全体にぽちゃってはいるが、中には「ちょいぽちゃ」レベルもいそうだが、いかに...。(ぽちゃのレベルは男性個々人で基準が違うのでサラッと流す)

写真の光の入り方かもしれないけど、全体に黒髪率が高い気がする。

2015y07m10d_175649323


個人的にこのエドモンド打ちも好き。

似てはいないけど、このエドモンド本田から来てるのかな?

url

「スーパー頭突き!!」

まぁ、いい。

まぁ、ぽちゃ系で各地へフランチャイズ展開しているあたりをみると、今、相当に勢いのいいお店なのかも(想像)

2015y07m10d_182238787

今のうちにこういう勢いのあるお店にツバ(ザー汁←最低)をつけておかねば、ソムリエとしての名に恥じるのでチェックイン。

渋谷駅構内で、ちゃんこ蒲田へ遊びに行く旨の電話をするでごわすよ。(もうその言葉使いいらない)

DO・SU・KO・I!

☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛
=パーソナルスペック=

熟練度:入店して一ヶ月と言っていた。以前はお弁当屋さんで働いていた経験があると言っていたのだが、そのあたりから一気に可愛さが増した。ちゃんこの前はお弁当屋なんて可愛すぎるだろっ!
 
年齢:オフィシャルでは23歳。実際は聞き忘れちゃったんだけど、そんなもんかなぁ。いって25とか?まぁ、オフィシャルとあまり変わらないと思う。
 
バスト:天然乳。オフィシャルでは110cmのFカップ。はいっ!1メートル超えてます!カップとのバランスを考えたらそんなもんだと思う。信じられないほどに敏感なビーチク。
 
ボディー:まぁ、いわゆるぽちゃではあるが、スケベだし、抱き心地がいいので合格!(何が?)
 
陰毛:残念、パイパン!残念、パイパン!(わかったよ)
 
その他詳細
喫煙:なし
お絵かき:なし
傷:なし
--------------------------------------------------

今回はこの割引を使い、90分12000円でがっぷりよつ。

※蒲田のホテル限定、ホテル代別途、新規限定、オールタイム利用可、写真指名込み、本指名不可。

割引を使うと、料金が相当な無双っぷりを発揮するでごわす。

山手線で品川まで行き、そこから京浜東北を使えばすぐ蒲田。

渋谷あたりからだと意外と近いのよね、蒲田。

昭和テイストな飲み屋街に一歩入ると(俺の知ってる限りだが)いくつかのレンタルルームがある。

蒲田でピンサロ以外の風俗遊びをする際に使うレンタルルームはここが多いんじゃないかと。

レンタルルーム「タヒチ」

写真 2015-07-02 13 43 30

90分2500円

写真 2015-07-02 14 10 30 (1)

1番の部屋。

写真 2015-07-02 14 10 40

火炎放射器のようなレバーの付いた浴室。

シャワーを浴びるだけで湯船なし。

部屋に入り、お店へ部屋番号を伝える。

お店の方の電話対応もしっかりしているので、ご安心を。

で、ベッドしかないホントに2畳あるかないかくらいの部屋なので、ベッドへ腰掛けて女の子の到着を待つ。

コンコンっとドアをノックする音。

ドアを開けると、笑顔全開、黒髪ショートのお目目クリクリのゆみちゃんが立っていた。

「ゆみです!はじめまして。お待たせしちゃってすみません!」

なんて元気にハキハキ挨拶できる娘なんでしょ。

またハスキーな声が非常に素敵!(酒じゃなく自声)

この時点で彼女の性格の良さがすぐわかる(ゆみちゃんで遊んだ事のある人はこれが大げさではないということがわかるだろう)

しばらく会話を楽しむ。

本当に愛想がいいのよね。(これ風俗遊び以外でも人としてすごく大事よね)

シャワーへ行こうとお互いに脱ぎ始める。

俺が脱いだ衣服を一枚一枚受け取り、たたんでくれる。

彼女もスッポンポンになると、マン毛がないので割れ目が丸出し!

うぉおおおお!お・ま・ん・こ!!(初めて見たような気持ちで)

脱いでる途中も「恥ずかしい、恥ずかしい」というゆみちゃん。

「どうにも慣れないんですよね...」

「その気持ち...わかるよ」(腕組みして、チンコビンビンに勃起させながら堂々と)

俺のチンピクワードに追加しておかねばな...「慣れないんですよね」

まあ、いい。

で、狭いシャワールームなので、密着感はすごいんだが、チンポがビンビンに勃起しすぎてゆみちゃんのマンコに刺さりそうになるので、この狭いシャワールームという空間はドスケベ過ぎて楽しい。(←思考が中学生)

ベッドに戻り、彼女を仰向けに寝かせる。

俺から先手を打つ。

【キス】

ゆっくりと唇を近づけると、彼女が俺のカラダに腕を絡ませてくるので、一瞬でディープなキスへ展開される。

彼女のプニョプニョした唇は唇越しでも感触がいいし、エロい。

舌をグリングリン絡ませて、お互いの口内を犯し合う。

【愛撫】

首筋あたりをリップした際にすぐに分かったのが、彼女のその敏感体質。

とにかくカラダをビクンビクンと反応させ感じまくるわけだ。

デカパイを鷲掴むように優しく大きく押し込むように揉む。

揉みながら途中で乳首を指先で弾いてみると、これまたビクンッ!と大きく波打つ。

やべ、楽しい。

そして舐め。

ゆっくりと舌先で乳首を旋回舐め。

「いやぁあああ~ん!」と言う大きな鳴きから、ビクビクンッ!ビクビクンッ!っとめちゃくちゃ感じまくる。

俺がこのまま乳首責め続けたら、死んじゃうんじゃないかと心配になる(そこまでは思ってない)

ただ、この感度は本人にとっては相当カラダに負担がかかるんじゃないかと心配になるが、俺も真剣に舐めるという行為を行っているので、止めるわけにはいかないのだよ、ゆみ君。

そんなことで引き続き乳首をねっとりと責め続ける。

コリコリに硬くなった乳首はフル勃起状態になっている。

旋回舐めから甘噛みへと移行するとこれが恐ろしい威力を発揮するわけだが、あまりにビクビクと跳ね、歯が当たってしまうそうになったので、軌道修正。

上下左右の弾き舐めを展開させる。

もはやどんな責め方をしても「あぁあああ~、気持ちぃぃいいよぉおおお~!!うぅぅううううう!!」と言うドスケベさ。

【マンコ】

この調子じゃマンコ舐めたらどんなになるんだろう...そう思いながら割れ目を手の甲を当ててみると、すでにビッチョリ。

おいっ!これは汗なのか!?マン汁なのか!?ドスケベ汁なのか!?(一緒!)んもー!!ゆみちゃん、スケベなのは顔だけじゃないのね!!(ほっとけ)

ビラありのドスケベオマンコでクリは通常の大きさだが、感じるとすぐ勃起する正直なクリちゃん。

さて、と...(職人風で)

マンコの割れ目に沿って、舌先を...「ぁああああ!!!!!ダメダメぇええええええ~!!」

ikko_

まぁ、いい。

彼女のピクピクした反応に気をつけながらも、スピード、強さを一定にしてクリを丁寧に舐め続ける。

「あぁ~、もうダメぇ~、ねぇ~、もうイっちゃう!イっちゃっていいですか!?ねぇ、お願い!!イっちゃうイっちゃううううううう!!!!!」

はいっ、一発目のビッグウェ~ブ!

そのまま修行僧のような面持ちで、クリを舐め続ける。

「ねぇぇ~、またイっちゃう!またイっちゃうイっちゃうよぉおおお~、だめぇ~、イクイク~!!!!!!」

はいっ、2発目!

多分、このままエンドレスにイキまくるんじゃないかと思い、さすがに俺も人の子だ。

この辺でストップ。(というか、舌が疲弊した)

個別指導で、ベッドで寝ながら確かなドスケベ力が身につくマンコ舐めから、信頼度抜群のクリ集中講座まで有名通信教育並みの丁寧なオマンコサポートを発動。(バカ野郎)

よつ夫会へようこそ!

―攻守交替―

【リップ】

今度は俺が仰向けに寝ると、彼女が俺の乳首を舐め始める。

片方の乳首は舌でペルペルと、片方の乳首は指先でピンピンと弾くという並列型の乳首責め。

思わず「ひぃぃ~、気持ちEっ!!」と声が漏れる俺(お前かよっ)

彼女の髪の毛の匂いをスっと嗅がせてもらう。

スゥーハースゥーハー!シャンプーのいい匂い(幸せ)

そのままゆみちゃんは、チュッ、チュッ!と全身をリップしてくれる。

足の指先まで、まさにその字の通り全身くまなくだ!

足の指とか久しぶりに舐められたんだけど、かなり気持ちいいの思い出したわ。

【フェラ】

ゆっくりと唇の圧を竿全体にかけるようにじっくりとした上下ストローク。

俺のチンポの小ささも手伝ってか、喉元まで突っ込むかのようなディープスロート。

クリステル型フェラ!(おもてなしの方じゃないよ)

喉奥でググッとチンコの先が当たるほど強烈だ。

すごい支配感...やべぇ、これが発展するとイラマ好きになるわけだな。

喉元にぶつけるようなフェラから今度は亀頭を中心としたストロークで、すでに彼女のよだれで俺のチンコはべちょべちょにコーティングされている。

ここぞとばかりに、「ゆみちゃん、上に乗って!このドスケベなヌルヌルチンポのまま、ゆみちゃんのドスケベなマンコを感じさせて!」(ス〇ールウォーズの山〇真司演じる泣き虫先生並みに熱く)

【フィニッシュ】

騎素→正

彼女のホットなトロマンが俺のチンポのB面に乗ってくる。

2人の局部は激しくヌルヌル状態。

彼女も自らのクリを俺のチンポを利用して擦り始める。

ぺちゃぺちゃというスケベな音と、彼女の「うぅぅううう!気持ち良すぎるぅぅうううう!!」というドスケベボイスがこだまする。

彼女の前後運動に同調するかのように、俺の上下に腰を振る。

デカパイがぶるんぶるんと揺れ、乳首も相変わらずビンビンだ。

彼女に抱きつくようにカラダを起こし、乳首を舐めながら体位チェンジ。

仰向けになり、彼女のクリへ熱くなったビンビンのチンポを押し付ける。

押し付けた状態で動かさずにいると、彼女の方から勝手に腰を振り始めるというドスケベな展開に。

こうなると2人とも最高潮のボルテージへと変わる。

ギュッと彼女を抱きしめ、カラダを擦りつけ合うように腰を振る。

彼女もこれまで以上の絶叫!

「ぁああああ~!気持ちぃぃいいい!!!イっちゃう!すぐイっちゃう!!ダメダメぇえええええ!!!」

こらー!そんなスケベなこと言われたら俺もすぐイキそうになっちゃうじゃない!

「開っ!」...シャキーンっと、無双モードに切り替え、彼女の声を意識させない状況へ自分を追い込む(書いててバカバカしくなってきた)

と、そんな集中なぞ出来るわけなく、彼女の悶絶した絶頂顔を見たらさすがに辛抱たまらん。

せめてもう一回だけ彼女の絶頂と一緒に向こう側の世界へ行こうと思い、さらに緩急つけたグラインド。

「もう、すぐイっちゃうから!すぐ...イっちゃっていいですかぁああああ~、ダメ~イクイクイクぅぅぅううー!!」

俺もイクイクイクー!

ドビュビュビュッとすごい勢いで噴射したよ。

ゆみちゃん、たまらんよ、その発情の仕方は...(嬉しい)


00115737_girlsimage_03

◆総評◆

初めて遊んだ蒲田ちゃんこ。実はちょっと前にとある体験動画を見て行きたかった女の子(やめちゃった模様)がちゃんこだったのよ。なので、気になるお店リスト入りはしていたわけでさ。で、今回のゆみちゃんは、これまた本当に性格いいのよぉ~。しかも、反応がすごくいいというね。もちろん、ぽっちゃりが苦手な方にはオススメしないけど、そうじゃない方にはオススメできるよ、マジで。俺の自分勝手な文章で彼女の良さがどこまで伝えられたかわからないけど、ソフトに丁寧に雰囲気を作りながら責めたら、大変よ。蒲田ちゃんこ!これは幸先のよいお店だと思う。他の女の子を知らないから100%断言はできないけど、ゆみちゃんは確実にいい!これは俺のチンポが保証する(一番当てにならないチンポだな)

1435601458_PeLgtq

濃密度star_icon5(五段階評価)

汗だくでのゆみちゃんの絶叫はたまらん興奮するぜぇぇぇ~。





~読者様へ~

遊びに行った際、お店で「体験ブログ見た」と言って頂いてる神様のような読者様へ。
ありがとうございます。その一言が、もっと多くのパックリ娘のご紹介に繋がりますのでよろしくお願いしますm(__)mそして、その一言で、その日出勤の一番オススメの女の子を紹介してもらえる事でしょう(特にフリーで遊ばれる方の場合)

※この体験リポートはあくまで個人の感想です。プレイした内容において嘘、過大評価等をする事なく、ガチンコ(忠実)にリポートしています。また★の数を保証するわけでもありません(が、事実のみの★です)
女の子の内面(性格等)の部分と本気度を重要視する傾向にあるので独自の評価基準を設けています事をご了承ください。


最近、ちょくちょくとコメントをいただいております。その際、こちらから直接コメントを返信できるメールアドレスを一緒に載せて頂けると助かります。公開したらライブドアからキックされそうなコメントもありますので。いただいたご意見・質問等の全てにお答えできるわけではないこともご承知ください。気分を害するようなコメント、粘着厨なコメントは華麗にスルーしますのでご了承くださいませ。風俗遊びは必死にならず楽しみましょう。