東南アジアの『風』に乗る~写真で旅するベトナム・ハノイ編~vol.1

00

書こうと思っていながら、日々の更新でタイミングを逸していた海外ネタ。(ネタというか、忘備録)

ここ数年、連休が取れたら逃避行している。

GW、盆休み、年末年始は【タイ】【ベトナム】がメインで、それ以外はご存知の通り【韓国】って感じで。

って事で、今回は2019年12月28日~2020年01月6日までの9日間滞在したタイ~ベトナム旅行から、ベトナムはハノイの忘備録。

下記のような狂ったスケジュールで移動していた。

2019年12月28~31日 バンコク
2019年12月29~31日 ハノイ
2019年12月31~02日 バンコク
2020年01月02~03日 チェンマイ
2020年01月03~6日 バンコク

チェンマイもLBちゃんに会うことが第一目的の一泊だったり、ベトナムも知人のベトナム人から紹介してもらった風俗へ行くためだけだったりと目的がドロドロしたスケジュール感。

国内・国外とフライト時間で無駄な時間が生じる事は覚悟していたが、思ったより時間をロスってしまたことは否めない。

って事で、2019年12月29日、年末感の全くないベトナムはどちらかというとクリスマスシーズン一色。(タイも年を越してもクリスマスイルミネーションが多くあるよね)

バンコクはスワンナプーム空港から、ベトジェットに乗りハノイはノイバイ空港まで。

Photo 2019-12-29 15 09 15
※スワンナプーム空港(バンコク)

ベトジェットのカウンターはこの可愛い女性の看板が目印。

Photo 2019-12-29 14 25 22

何回見ても可愛いすぎて、ベトナムには希望しかない。

チェクインカウンターでは帰りの便名まで細かく聞かれるので、すぐにカウンタースタッフに提示出来るようにしておくことが大事。

Photo 2019-12-29 16 59 00


搭乗時、コックピット内が丸見えってのも珍しい。

Photo 2019-12-29 17 03 56


Photo-2019-12-29-17-00-42

Photo 2019-12-29 17 15 22

CAさんのこのコスチュームが世界ふしぎ発見!みたいで可愛いねぇ~。

そういえばべとジェットって以前、ビキニ姿でのプロモーションに批判が集まったことあったなぁ(最高)

120928060346

で、2時間弱のフライトだが、案の定出発が遅れがちなので体感時間は倍くらい...。

飛んでしまえば、ウトウトし始めた頃にはハノイのノイバイ空港へ到着。

写真は撮れなかったが、パスポートコントロールって場所はなんであんなに殺伐としてるんだろうか。



やはり社会主義の国という独特の空気感があるのは気のせいだろうか。

ここでももちろん帰りの便がすぐわかる情報をスマフォおよび書類で準備しておくべし。

img_4

ノイバイ空港は小さな空港なので、出口もすぐ。

Photo 2019-12-29 19 37 58

換金所やSIM売り場もすぐに見つかる。

Photo 2019-12-29 19 43 57

12月29日でも飾りつけはクリスマス(東南アジアあるある)

Photo 2019-12-29 19 44 18

今回、駅から市内までタクシーではなくバスで行くことにした。

出口を出て左手に向かうとバス乗り場の看板がある。

Photo 2019-12-29 19 45 14

86番のバスに乗り、ハノイ市内まで1時間弱(時間に寄って渋滞に巻き込まれる可能性も)

タクシー乗り場もすぐにわかる場所にある。

Photo-2019-12-29-19-46-04

運行は30分に一本くらいだったか。

Photo-2019-12-29-19-48-57

市内まで350,00VND(≒160円)

ちなみにベトナムドンは硬貨はなくすべて紙幣のみ。

市内までは一律料金で、途中でもぎりが精算にくるのはタイのバスと同じ運用。

Photo 2019-12-29 19 54 29

VND(ベトナムドン)は、桁がとてつもなく多いので、後ろのゼロを2つ消して、残りの数字を半分にすると日本円での値段の目安になる。

逆に言うと、5000円の買い物をしたらおよそ1,000,000VNDって感じになる...って、ややこしっ!

その分物価は安いから5000円なんて中々使わないけど、主に風俗では使う桁なのでざっくりとした計算式を覚えておくほうがよい。



直線に南下すればこんな感じだが...

Inked2020y05m13d_174701939_LI

ホアンキエム湖やら旧市街の観光地を周遊しながらのバスルートだった。

Photo 2019-12-30 22 08 06


ハノイ駅に着いたのが、夜の20時すぎくらい。

Photo 2019-12-29 20 45 29

Photo 2019-12-29 20 51 43

さて、ここからホテルまでは2kmちょい。

Inked2020y05m15d_175842511_LI

俺は久しぶりに訪れる場所は必ず歩くようにしている。

まずはベトナムでお馴染みのコンビニ「vin Mart」でレッドブルを補給。

Photo 2019-12-29 21 02 58

レッドブル 13000VND(≒70円)

Photo 2019-12-29 20 49 17

最近ホーチミンばかり行っていたので、久しぶりのハノイ。

Photo 2019-12-29 20 59 01

Photo 2019-12-29 20 54 08

Photo 2019-12-29 21 01 15

少し迂回する形になるが、ホテルまでの道すがら、以前遊びに行った置屋風情のタイマッサージ(女の子は完全ベトナム人)を覗きに行くが...。

Photo 2019-12-29 21 06 46

入口が完全に閉鎖されていた。

閉店か...。2階の明かりは関係ない。

とりあえずここで一発抜いて行こうと思ったのだが残念。

荷物もあるので一端ホテルのチェックインだけ済まそうって事でホテルへ向かう。

Photo 2019-12-29 21 28 45


Photo 2019-12-29 21 38 44

Photo 2019-12-29 21 38 02

Photo 2019-12-29 21 48 23

夜道のいいところは、風俗店らしき怪しいネオンが分かりやすいところ。

怪しい路地にもうっかり穴場なお店が見つかるんじゃないかと探検しながら...。

Photo 2019-12-29 21 35 05

さすがに腹減ってきたところで、ハンバーガー!と思ったらバインミーのお店だったり。

Photo 2019-12-29 21 37 40

で、今回俺が泊まったのがブルー ハノイ イン ラグジュアリー ホテル&スパ(日本語ページもあるよ)

何がいいって、ホテルの向かいがマッサージ店!(系列っぽい←後述)

Googleマップで「Blue Hannoi Inn Luxury Hotel & Spa」と入れれば場所はすぐわかる。

VIPマッサージなのか、ホテルなのかわかりにくいわっ!

ちなみに『VIP』って書いてあるのはヌキがあるお店と思っていいだろう。

Photo 2019-12-29 21 54 51

お値段はこの時期で一泊4000円しないくらい。

特に連れ込みなどできないので、心地よく寝れればいいって感じだったが、思ったより綺麗でサービスのいいホテルだった。

no title

この距離感!お向かいさんとの往復だけで、もうこの路地から出られる気がしないっ!(バカ野郎っ)

Photo 2019-12-29 21 55 10

Photo 2019-12-29 22 02 20

Photo 2019-12-29 22 02 23

Photo 2019-12-29 22 02 30

Photo 2019-12-28 23 31 02

Photo 2019-12-29 22 04 31

このホテルは、屋上のテラス席のような眺めを堪能しながら食べる朝食が美味しかったし、オススメ。

2020y05m14d_205328423

Pho(フォー)もビーフ、ポーク、チキンと選べたり、パンケーキやオムレツなど種類も豊富。

ウェイトレスさんが純朴な感じで可愛いのよ。

Photo 2019-12-30 10 46 21

Photo 2019-12-30 10 55 32


時を戻そう。

チェックインを済ませたら、チンポにティッシュがついていないかを確認し、「剥けよし、色よし、ティッシュ無し、チンポチェックよし!」指差し呼称を終えたら、向かいにあるVIPマッサージへ。

Photo 2019-12-29 23 33 39

エレベーター内の案内を見ると...一番下!

向かいのVIPマッサージってこのホテルの系列!?

って、事で徒歩5秒のお店へ行く。

「Blue VIP Massage」

ハノイに遊びに行く人なら知ってるお店だと思う。

スタッフの男性がカタコトの日本語で話しかけてくる。

「コニチワ~!ニホンジン?」

メニューはこんな感じで3種類あったのかな。

迷わず『80分塗るマッサージ(服無)』500,000VND(≒2,500円)をチョイス。

ここに別途女の子に直接チップを渡し【ドピュッとタイム発動】というのが通常の流れ。(チップは女の子次第で個々人の裁量に任せる)

Photo 2019-12-31 0 31 15

Photo 2019-12-30 1 26 39

Photo 2019-12-30 1 26 33


料金を支払い、エレベーターで部屋に案内される。

部屋に入ると、スタッフはそのままの格好で待っててくれと言って去っていく。

Photo 2019-12-31 0 34 34

Photo 2019-12-31 0 34 36

Photo 2019-12-31 0 34 28

しっかしドギついピンク一色の照明だなぁ。

5分くらいすると女の子が登場。(通っていれば指名できるんだろうけど、パネル写真等も一切ないので、基本お任せフリー。こちらの方が面白い)

女の子の名前を全力で忘れてしまったが、EMIだかそんな感じだったと。

会うなりキャッキャと俺のカラダをツンツンしたりと年の頃18~20歳くらいの若い娘。

キャミソールにホットパンツのような出で立ちで、胸が大きい!

ベトナムっ娘っておっぱい大きい女性多いよね?気のせい?

まぁ、いい。

で、まずはスッポンポンになるように言われ、スッポンポンのビンビンに!(最後余計)

EMIちゃん(仮)がスチームサウナの仕込みに入る。

Photo 2019-12-31 0 34 19

この1.5m四方の個室に閉じ込められ、上記のプラスチックの椅子に座るように言われる。桶にお湯を入れ、足を洗ってもらう。で、スチームで前が見えなくなるほど炊かれる。(閉所恐怖症の方はやめておいたほうがいいと思う。)

で、5分くらいか(体感10分くらい)

彼女が扉を開けると、フヤフヤになった俺がいる。

で、彼女がキャミソールはそのままで、下はパンティー姿でカラダを洗ってもらう。

格好が妙にエロいんだわ。

ビンビンに勃起したチンポを手でビンタされたりと恋人気分で楽しむ。

あー、エロい。

で、お湯の入った浴槽に浸かるように言われ、足を伸ばし寝るような体勢に。

ボディソープでカラダを洗ってもらい、そのままの勢いで髪の毛もバシャバシャと。

以前遊んだお店でもこの全身洗いのパターン。

この乱雑さがたまらなく東南アジア感があって楽しい。

途中チンポをニギニギされたり、シコシコしながら乳首をコリコリされたりとハピネスが続く。

で、全身を洗ってもらったのち、ベッドへ。

マッサージの開始。

これが意外としっかりしていて、たっぷりとオイルを使っての指圧。

仰向けになると、彼女が服を脱ぎ始める。(チップ交渉は彼女からしてくるので、流れでその交渉も楽しむ)

彼女がスッポンポンになる...ひぃいいー!トレジャー!!!

inmou-1321-038
※イメージ

ベトナム人女性のトレジャー!!!!

フカフカとたっぷりとしたナチュラルなトレジャーに、おっぱいがスゴい!

美巨乳じゃないかっ...イキそう!!

俺の上に覆いかぶさると、おっぱいを使ってマッサージが始まる。

あー、極楽、極楽。

そのままチンポの裏面をノーハンドでペロペロ。

171020034
※イメージ

俺の上にまたがり始めると69の体勢に。

ひぃいいー!エッロ!

綺麗なワレメに勃起してズル剥けになったクリ。

ベロンベロンと舌を這わせてたっぷりとクンニリングス。

彼女の『Pho』を堪能する(最低)

そのままシコシコとハンドストロークも併せて高速化していく。

あー、クンニしながらのそれはめちゃくちゃ興奮するし、気持ちいいわで、もうダメぇええええ!

DELLっ!!

どっぴゅんこ!

最後にまた軽くマッサージをしてもらい終了。

...これマジでコスパ高すぎないか?

結局このお店へ2回訪れたので、3日間で3回遊びに行ってしまった。

ホテルからの立地のせいだ。

とは言え一応、マッサージ屋なのであまりに過度なサービスは期待せぬよう。あと、流れは必ずしも全員がこのレポートの通りではないと思うので、その辺はご了承をば。


最後にベトナムの有名SNSツールである「zalo」を事前にインストールしておくといいだろう。

お店終わったら女の子から「あなたのホテルに行きたい!」とのお誘いも!?(ベトナムでは基本、ホテル連れ込みは厳しい)

マッサージ(プレイ?)終わりで飯を食いに行く...も、この近辺って微妙に飯屋が少ないんだわ。

夜道を歩くと、「Popeyes」(ケンタッキーのようなチキンのお店)があったので店内へ。

ベトナムはチキンのお店が多いのよね。

Photo 2019-12-29 23 01 38

Photo 2019-12-29 23 01 49

さて、飯食ったらムラムラしてきたので(こらこら)、ホテルに向かう途中に見つけたお店へ。

気づけばお店のエントランスに立っていた...。(キチガイ)

ドドーン!デカい!まるでタイのMPのようなビルヂング

Photo-2019-12-29-21-39-21


長いのでパート2へ。また来週~!