【鶯谷発:超熟デリヘル】「QUEEN(クイーン)」ゆめ ※閲覧注意

top

02
 
オフィシャルHPはこちら

ストレスを抱えてしまった方はこちら


いいか、みんな!この戦場は玉を吸われたり舐められこそすれど、取られることはない。なんなら偶然に予期せぬ相手方の玉(命)を取ってしまう事になりかねないスリリングな遊びなので、注意が必要だ。


おっと、まだ数行しか書いていないが、熟女の頂点を行くスーパー熟女ネタなので、抵抗力の無い方は別記事へジャンプしてくれ!


それではこの先も読みたいという奇特な方、鬼畜な方、あれ?うっかりプロフィールのボインがエロいって感じちゃった方はご乗車ください!

地獄めぐりでこんにちは!死んだらごめんねコースター発射します!!

ガタガタガター、あれ?脱線で黄泉がえり?(やめなさい)


どうしてどーしてーぼーくーらーはー出会ってしまったんだーろー♪でお馴染みの超熟女店クイーン

答えは簡単!俺が積極的に会いに行ったから!!(あれ?答えが普通!)

もうハイテンションじゃないと振り落とされるっ!(終わりにしたい)

05
 
別人(苦笑)

04

やっぱり別人(涙目で)

じゃぁ、俺と対戦したゆめさんは誰なの?

ま、誰もそこは突っ込まないだろうし、どうでもいいって?

ちなみにプチ情報(女性に聞いた話)、このお店は姉妹店があって、「里」「和」という熟女店らしい。


えっ?それもどーでもいいって?

この際、オフィシャルの情報はどうでもよくて、大事なのは俺がゆめさんという女性と対戦したその事実のみ

印象的な言葉「わたし赤まむしドリンク飲んでるの」(どーでもいい)

☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛
=パーソナルスペック=

熟練度:業界9年の灰色なベテラン。ってことは年齢通りに行けばデビューが81?いいのか悪いのか、ピンとこない。

年齢:オフィシャルでは87歳。実際は90と電話口でママさんに聞いたが、どうも本人の写真ではない気がするが、それも含めてどーでも良くなってきた。(こらこら)
 
バスト:天然乳。とても高齢者には見えないおっぱいの綺麗さ。ピンク色の乳首と張りのあるデカパイはとてもお孫さんのいる女性とは思えないほど普通以上の綺麗さ。
 
ボディー:お腹のたるみなど年齢的な衰えは否めないが、張りツヤのある顔はスケベだからか(ほっとけ)
 
陰毛:想像ではほぼ真っ白かと思っていたが数本しか見当たらなかった。いくつになってもマン毛は憎めない存在(やめなさい)
 
その他詳細
喫煙:なし
お絵かき:なし
傷:なし
--------------------------------------------------

今回は60分15000円でがっぷりよつ。

※ホテル代別途

濃厚という意味ではコスパは高い..いや、高くはないか。

日曜日の朝っぱらから鶯谷に到着すると、神輿が出てたりとお祭り騒ぎ。

到着時のツイートがコレ。

8


ちなみに上部に出てる時間はこのスクショを撮った時の時間ね(一応)

鶯谷と言えば俺のセカンドハウスと言われるピードア系のホテルがあるが、今回は近場でいいだろうという事で、おそらく鶯谷駅北口最短距離にある(駅前ローソンの裏手にある)ホテルへ。

プランタン

66

503号室。

3900円/2時間


ちなみに、今回俺は前日予約でゆめさん指名。1時間前に電話くれと。
 
しっかりしているが結局最後まで俺の名前を聞かれることはなかった。(問題ないけど)



部屋に入り、お店へ電話をかける。

電話口に出た女性は少しアクセントが違うので日本人ではなさそうだが、会話は日本人と同じくらい流暢。

言語に性的興奮を覚える俺だからこそ、こういう細かい部分がすごく見えてしまう(面倒な性格)

ホテル名と部屋番号を伝え、10分くらいか。

インターフォンにファミマの曲が流れる。

ドアを開けると、「どうもこの度はご指名ありがとうございます。ゆめと申します」とおデコが地面に擦れるほど深々とご挨拶。

「あー、どもども、はじめまして。朝っぱらからすみません、どーも」と言いながら一つの疑問が。

あれ?プロフィールのゆめさんと顔が違くね?
(苦笑)


っていうか、俺は年配者であればどーでもいいのでこれが振替と言われれば振替なんだが、年齢も年齢だしはっきり言ってどーでもいいのだが...ゆめさんって言い張ってるし...。

前回のふくさんはそのままだったから、決して振替とかではないと思うんだよなぁ。

他の方の意見を求む!....っていうか遊んだ人が周りにいない!

いやっ、俺の後輩が遊んだって言ってたな。

俺「プルプルプル...ガチャ、あっ、りゅうちゃん?鶯谷のクイーンで遊んだ時って、女性ってプロフと違ってた?」

りゅう「いやそれがですね~、僕が遊びに行ったときは写真で選んでなくて、お店で最高齢の女性を!って指名しただけなんでプロフ見てないんですよ~。しかも今はその女性載ってないんでもしかしたら...」

俺「あはは、やめなさいってば(ビ〇トきよし風で)。OK!了解~。ありがとね~」

という事で検証できず。

ってことは俺は1勝1負って事なので、わからない。


閑話休題。

で、「ゆめさん、お肌とかツルツルじゃないですかぁ~」

「ありがとう。今はね、サプリメントとか便利なモノが色々ありますからねぇ~。ホント便利な世の中になりました」

「おっぱいもすごく大きいですね。やっばいなぁ、興奮しちゃいますねぇ~」

「はい、ありがとうございます」だって。

真面目に返されちゃったよっ!

「ところでお兄さんは男前だけどお子さんは何人いらっしゃるの?」

「結婚してないんですよ~」

「あら!いけません。あなたのような方は国の為にしっかり子供を作って少子化に歯止めをかけないと。私なんかはもう孫までいるのでお役御免ですけどね」

はい、デリヘルで人生指南入りました。

ありがたくご拝聴する。

年配の方のおっしゃる事は勉強になるし真摯に受け止めよう。

っていうかさすがネタに事欠かないな。

やれ昔の事を根掘り葉掘り聞き出し、会話を楽しんだのちにシャワーへ。

あまりにプライベートな部分はさすがに一線を越えて書く事は出来ないので省略するが、ゆめさんの事が好きな男性がいるらしく、その男性と前向きに考えてるということだ。(えっ?どうでもいい情報だって?)

いつまでも恋をしてると美しくいられるんだね。

「俺もそろそろ真剣に恋しようかしら。相手にチンポ付いててもいいですよね?」

「え?はい、この時代は色々あると思うけど頑張ってくださいね」だって。

...泣きそう。

で、長くなったがシャワーへ向かうため服を脱ぎ出す。

一枚一枚丁寧にたたみながら脱ぎ出すと、圧巻のデカパイが露出する!

「ちょ、ちょっとー!ゆめさん!なんですかその綺麗なおっぱい!!」

「もう重力には逆らえませんけどね」

いやいや、コレ大げさじゃなくすげぇ綺麗なんだよ、しかもマン毛も黒々としっかり生えてるじゃないっ!

チンポがギンギンに勃起する。

シャワーに入ると、中々のグリップ力でチンポを洗われる。

もはや手コキ。

俺は強いグリップが好きなので大変気持ちいい。

シャワーをササッと終えると、ベッドへ向かう。

ゆめさんも遅れてベッドへ。

「どうなさいますか?」

「はい、ではわたくしめからゆめさんのお身体の毒見味見をば...」

「ソフトタッチされると感じちゃうのよ~」


早速先手を打ってきた。

「あっ、わたくしソフトなタッチが中心なのでご安心を」

なんでか知らんが時代劇中の言葉使いになる。

【キス】

どうもれ歯ではないようだ。

綺麗な歯というのは何歳になっても大事なモノで、清潔感さえ感じる。


彼女の唇へ接近する。

ブッチュ~!

濃厚にお互いの唇が重なり合う。

舌を入れて行くと、ゆめさんもレロレロと絡ませてくる。

【愛撫】

キスをしながらおっぱいを揉む。

しっかしこの年齢でこれだけ美乳で保ってるのはすごい。

「あーそれ!あーその舐め方すっごく上手よ~。あ~、気持いいわぁ~」


彼女は場を盛り上げる為に演出してくれるんだが、若干萎えそうになるスーパー熟女特有のサービスアエギ声が発動する。

「そう、その優しい舐め方、すっごく気持ちいいの。そうそう、それ。」

俺、泣きそう。

乳首噛んで「ンギャッ!」とか言わせたくなる(やめなさい)

乳首はしっかり感じるようで、ビンビンに勃起している。

いいか、みんな!(呼びかけ2度目)

ご老体になっても乳首は感じればビンビンに勃起するこのドスケベな生理現象を頭に焼き付けておけば、熟女(老女?)とも楽しめるんだ!

乳首を優しく舐めまわし、股間に手を伸ばす。

【マンコ】


若干のビラありだが、かなり綺麗な形状を保っている。

クリは恥ずかしいことにビンビンに勃起して包皮からニーハオしてしまっている。

「オマンコはすごく感じるのよ~」

「そうそう、そうやってオマンコを優しく触ってくれるとすごく感じちゃうから」

「クリちゃんもすごく勃起しちゃってるの分かる~?」


まとめると...

オマンコは優しく触ると気持ちいい。

とりあえず、クリトリスを優しく舐める。

「んすー!あぁ~、すっごく感じちゃう!上手上手」

...辛い。

―攻守交替―

【フェラ】

「ゆめさん、責めてくれますか?」

「いいわよぉ~、気持ちよくさせるわねぇ~」

乳首あたりからくるのかと思ったらいきなりチンポへ行った!

デカくもない俺のチンポを両手で掴みながらチュポーン、チュポーンとわびさびのある音を立てながらしゃぶり始める。

あれ?悪くない。

心臓に悪いんじゃないか?と思えるほどハードなストロークでジュポジュポしてくれる。

頭を上下に振るとおっぱいがぶるんぶるん揺れるのでそれはそれでエロい。

気持ちいいんだがあまり無理をしないで欲しい方が優先され集中できない。

まぁ、ゆめさんから「あぁ、こんなに硬いチンポ久しぶりだわぁ~。やっぱり若いチンポって素敵」..そんな言葉が聞きたかったが...ゆめだけど夢叶わず(いらない)

【フィニッシュ】




ヘルメットをかぶり、ローションの付いたオマンコへご挨拶。

突然、、股広げながら「はいっ、チューリップ!」

えっ?

090207_0952-01

パカッパカッって、言いたいことは分かるけど...。

集中集中!一瞬、チンポが萎えそうになるも気合で持ち帰す。

妄想妄想、妄想で乗り切れ!

「ゆめさんが女学生くらいの頃はきっとオーラルセックスなんてもんはしてないだろうし、純情だったんだよな、うん...ほにゃらら」

それでは失礼しまっす。

ニュプニュプニュプ。

「あぁ~、気持ちぃぃい!おちんぽ気持いぃいいいいいい!!」

「おちんぽ大好きなの~!!」


こんなドスケベなおばあちゃん、孫が聞いたらびっくりするだろうな。

しっかりとしたジップロック具合。

ただあまりモーレツに腰を振るとやはりカラダに負担がかかるんじゃなかという俺の心配をよそに..

「おまんこ気持ちいい~、あぁ~、おちんぽ大好きなのぉおおお~」


心配は無用の長物。

うぉおぉおおおお!パンパンパンパンパン!!

「あっ、あぐっ、ぁああああああ~ガタガタ...」


もうどうなっても知りませんよぉおおおおお!!

パンパンパパパンパンパンパンっ!

「ゆめさん、チンポから精子出ちゃいますよ~!」

「いいわぁ~いいわぁ~いっぱい来て~」

ドビュビュビュビュー!!!

ヘルメットに大量放出。

ただ...ただ最後に言いたいのは、


俺が好きな熟女は恥ずかしがり屋で照れると耳が真っ赤になるような女性なんだ!そんな熟女さんの情報求む!!(他力本願)


...俺のライフワークだった最高齢を求める旅はこれで一区切りついた感じがする。

06

◆総評◆

なんかさぁ、年齢的なインパクトで上を狙ってやってきたけど、この年齢くらいまで行くと若干、女性の肉体的パフォーマンスが落ちちゃうって意味では残念感もあるのよね。(そりゃそうだろ)。女性の年齢を説いても何の意味もないことがわかったというか、悟っちゃった感がある。やっぱり女性としてのスケベパフォーマンスの限界は、個人差があるだろうけど60くらいまでか。保険会社のCMじゃないけど、50、60喜んで!って感じかな(CMの意味は違うけど)。喜ばせてくれてるんだろうけど、若干演出過多になっちゃう部分が多くてさ。俺なんかは素の姿が見たいわけだから、そんな照れて照れて仕方ないみたいなおばあちゃんに出会えたらまた上を目指すかも知れない(もう目指さなくていい)。ゆめさんは性格もいいし、若い頃は相当美人だったろうし、ピンク乳首、綺麗なデカパイとかそういう意味では楽しめたわけだが、チューリップはねーだろ、チューリップは...面白かったけど。っていうか、やっぱり写真と違う気がするんだよなぁ(笑)

resize


濃密度star_icon5(五段階評価)

まぁ、5ツ星しかないからねぇ...。これはこれでこういう濃密系の評価付けなので。もう正直年齢で上を行くのは飽きたかな。(下は行かないよ)


~読者様へ~

遊びに行った際、お店で「体験ブログ見た」と言って頂いてる神様のような読者様へ。
ありがとうございます。その一言が、もっと多くのパックリ娘のご紹介に繋がりますのでよろしくお願いしますm(__)mそして、その一言で、その日出勤の一番オススメの女の子を紹介してもらえる事でしょう(特にフリーで遊ばれる方の場合)

※この体験リポートはあくまで個人の感想です。プレイした内容において嘘、過大評価等をする事なく、ガチンコ(忠実)にリポートしています。また★の数を保証するわけでもありません(が、事実のみの★です)
女の子の内面(性格等)の部分と本気度を重要視する傾向にあるので独自の評価基準を設けています事をご了承ください。


最近、ちょくちょくとコメントをいただいております。その際、こちらから直接コメントを返信できるメールアドレスを一緒に載せて頂けると助かります。公開したらライブドアからキックされそうなコメントもありますので。いただいたご意見・質問等の全てにお答えできるわけではないこともご承知ください。気分を害するようなコメント、粘着厨なコメントは華麗にスルーしますのでご了承くださいませ。風俗遊びは必死にならず楽しみましょう。