【五反田:M性感】「スケベ痴女くらぶDOGU」ゆみ

 dogu200x40

962259d8b3080b1295b01562542ba3b2

オフィシャルHPはこちら

女の子詳細はこちら


キャニュセレブレー♪

...さて、アムラーなんて言葉が流行ったのも今は昔。(ここでアナラーなんて書くのは3流風俗サイトのメルマガ担当者がやる事)

今回はアナラールの話からはじめよう。

ケツの穴を刺激される事に快感を得たのは忘れもしない...あれ?何年前だ?

俺が某大手自動車メーカーの期間工として労働していた頃の話だから、あれこれ17年くらい前の話か。

この会社の寮生活をしていた俺は、人生で初めてウォシュレットという文明的なものに出会った。

まだノートパソコンのHDDが3GBくらいしか無い時代だ。3ギガだよ!

お金なかったから、ヨ〇バシで35回のフルローンを組んで40万近く払ったのを思い出す(そこまで思い出さなくていい)

当時まだDVDなんてものは装備されてなくて、VIDEO-CDという謎の規格。

カースティン・イムリーと言うイギリスのヌードグラビアモデルのVIDEO-CDを楽しんでたなぁ。(だからそこまで思い出さなくていい)

あれ?何の話だっけ?パソコンだっけ?...あっ、アナルの話だったね。

で、その寮で初めて肛門に刺さる水の感触たるや、「今までの人生でこんな気持ちのいい行為を知らなかった俺はなんて損をしていたんだ」、と。

俺の中での初体験シリーズでは、オナニーの次に衝撃的だった(セックスは衝撃度ゼロ)

その便座からしばらく動けなかったよね。

それからというもの、この歳になるまでウォシュレットのない便器では用が足せないカラダ(アナル)になってしまった。

全部H〇NDAのせいだ!(虫消ししたらはっきりと企業名がわかってしまう奇跡!)

相変わらずどーでもいい話から始まったが、何が言いたいのかというと、アナルは怖くないという事。

俺の会社の後輩にはアナルを触られるだけでも嫌悪感を抱くような人間もいるわけで、もちろんそれ自体否定はしない。

ただ、アナルは出すところだけと思っている人がいたらそれは間違い。

挿れるところでもあるのだ。

そんな俺は五反田はDOGUへお邪魔した。

過去に何回かお世話になってる五反田では老舗の部類に入るM性感のお店だ。

痴女テイストの強いお店とも言える。

☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛☛
=パーソナルスペック=

熟練度:キャリアはそれなりにあるようで、SM系も経験していると言っていた。M性感系の女性はそれなりのキャリアを持ってる方が多いんだよね。まぁ、確かに特殊技能ではあるから一朝一夕でマスターできるもんじゃないからね。
 
年齢:オフィシャルでは32歳。まぁ、年齢的にはそんなもんじゃないかなぁ。落ち着いた大人の女性という感じで、さすがに言葉使いが非常に丁寧だ。
 
バスト:天然乳。オフィシャルでは87cmのDカップ。こちらもそれくらいだと思う。とにかく乳首が綺麗すぎてびっくりする。乳輪、乳首の大きさ共に美しい。
 
ボディー:俺好みの若干ムッチリした体型だが、これこそがエロいんだよ。肌も非常に色白で綺麗。 
 
陰毛:なんと!マン毛がしっかりあった!!M性感女性のマン毛と聞いただけで興奮するのよね、俺。
 
その他詳細
喫煙:なし
お絵かき:なし
傷:あり(SM経験時のか?)
--------------------------------------------------
 
今回は60分15000円でがっぷりよつ。

※ホテル代別途
 

今回も前回と同じホテルマーブル

111

403号室。

休憩3700円/2

部屋によって料金が変わると思ったので要確認されたし。 


部屋に入り、お店へ部屋番号を伝える。

老舗らしく相変わらずスタッフさんの対応が紳士的だ。

落ち着いた口調で話をしてくれる。

5分ほどで来てくれるというので、とりあえずトイレに行ってチンポにティッシュなどがついていないかの確認だけしておく(これが後に役に立つ)。

しばらくすると、コンコンとドアをノックする音。

ドアを開けると黒髪が素敵なゆみさんがいた。

ae172d69b131b7a9f5b7899547482fc0

「はじめまして、よろしくお願いしますぅ~」

見るからに痴女っぽい色気があり、目の綺麗さが印象的な女性だ。

で、2人でソファーに座ると早速、俺のカラダを弄び始めるゆみさん。

【ソファー】

「じゃぁ~、今日はどんな風にされたいのかなぁ~?」と言いながら俺の乳首を服の上から触りだす。

あれ?俺の乳首がドスケベ乳首だということがバレてる?

カリカリとゆみさんの指先で刺激を受けると、コリコリに勃起してしまう敏感なMY乳首。

シャツの上からでも勃起が丸分かりだ。

そのままシャツを脱がされると「敏感な乳首なのねぇ~、もうこんなに硬くしてぇ」とすでにプレイが始まってしまった。

俺はすでに「されるがままモード」にスイッチが切り替わった。

その後、耳をベロンベロンと舐められると、思わず「あぁっ、あっ、ひっ!」と声を漏らしてしまう。

とにかく妙に色気のある女性なので、俺もいつもよりMスイッチの入りが早い気がする。

パンツの上から股間を触りながら「あらぁ~、ここももうビンビンになってるじゃない」と。

そのままズボンを剥ぎ取られる。

そして、パンツも脱がされチンコを凝視される(さぁ、さっきトイレで確認しておいて良かったぁ←ここね)

「どれどれぇ~?臭いチンポの匂い嗅がせて~」 「あっ、いやっ、ゆみさん、ワタクシったらまだシャワー入ってないので、チンポ臭いかもしれませんぞ....そんな近くで匂い嗅がれると....いやぁー、これは中々恥ずかしいですなぁ~、ガハハハ」とドスケベなベテラン議員みたいな返しをする俺。

チンコの先からガマン汁が垂れ始め、それを指先で搾り出し亀頭に塗られる。

なんてスケベな事をするんだ...(嬉しい)

「じゃぁ、そろそろシャワーいきましょっか!」と言われ、中途半端にお預けされる。

シャワーへ行くため、ゆみさんも全裸になる。

うぉぉおおおお!!マ、マン毛がしっかり目視できた。

M性感なのに一緒に全裸になってお風呂へ入ってくれるんですねぇ~!(って、過去にこのお店で遊んでるから知ってるだろ)

で、ムッチリしたケツがいやらしいと同時に、あぁ...顔騎されたい...。

シャワーに入ると、チンポを握られシコシコされたり、後ろから乳首をいじられたりと願ったり叶ったりの大宴。

中学生並にチンポが勃起。

お腹に張り付きそうな勢いと角度。(えっ、デカさは小学生レベルだって?...ほっといてちょーだい!)

「あれ?おしっことか好きなんだっけ?」と言われ、先ほどソファーでいじられている時の俺の戯言を聞いててくれたのね。

「おしっこ好きです!」

「おしっこ出そうなんだけど、どうしたい?」

「飲みたいです!」(きっぱり最低)

「じゃぁ...どうしよっかなぁ~、ここに座って直飲みする?」

「是非に!」ということで、仁王立ちしているゆみさんの前に背座座りして、直接マンコに口を合わせて聖水を待つ。

しばし彼女のマンコを舐めご奉仕させて頂く。

すると...じょぼ..じょぼ...ジョボボボ~っと溢れんばかりの聖水が口の中に入ってくる。

なるべくこぼさないようにしっかりとグビグビ飲む。

あぁ、久しぶりに変態な気分だぜぇぇえええ~(年中だよ)

シャワーを終え、ベッドへ。

手枷をさせられ、仰向けで股を開く。

部屋に備え付けられている鏡に全身を映される。

アナル丸出しでガマガエルみたいな体型をした哀れな中年の姿。

拝啓、おっかさん!息子は元気でやってます!!

まぁ、いい。

まずは...も何も、俺から責めることはないのでずっとゆみさんの責めなわけだが。

【責められる】

俺の乳首をベロベロと舐め始めるゆみさん。

時折、耳も舐められたりして全身鳥肌を立てたりとほぼおもちゃ状態の俺。

乳首を舐めてくれてる時に彼女の綺麗な黒髪が俺の顔に!

全力で息を吸う!吸う!!

プハー!最高!!

もうね、この記事しか読んでない方がいたらドン引き確定だよね。(キモいって言って!←やめなさい)

乳首を舐められ、優しくつねられ、弾かれ。

「おツバは好き?」

「好きもなにも大好物です!」

「はい、あーん」と言われ、口を開け口内におツバを頂く。

うーむ、汁物サイコーっ!(最低)

ほんのり甘いゆみさんのおツバをご馳走になったところで、今度はゆみさんの指にサック(指用ゴム)が装着され、俺のアナルを拡張し始める。

彼女の拡張は非常に自然体で、気が付けば指が3本も入ってたりと、俺のアナルも中々イノセントなアナルになったもんだ。

彼女によるアナル拡張の素晴らしいところは、フェラをしながら拡張してくれるところ!

ガマン汁にまみれたヌルヌルチンポもしっかりとお口で吸い取ってくれ、ジャブジャブと上下にストロークしながらのアナル拡張。

「ほらっ、3本も入っちゃってるわよ」と言いながら鏡越しにアナルに指をぶち込まれてる男前な姿を見る。

「へっ?うわうわっ!ホントに3本入っちゃってるんですね!」

「多分、フィストまで行けそうよ」

「フィストですか!?いやぁ~、そこまでいっちゃったらもう普通に生きられないですよねぇ~、アハハ...ハハ...ゴクリ(←若干の興味あり)....じゃぁ、次回にでも」

後々聞いた話なんだが、ゆみさんはアナル拡張を得意としているらしい。

どおりで上手いわけだ...。

アナルに意識を集中させない拡張パターンはいくつかある。

乳首を刺激しながらという策を取る女性もいれば、シコシコと手コキをしながらの女性もいる。

意外と拡張時にフェラというのは今まで経験があった...かな?はて?と言った記憶程度なので、多分ほぼほぼないと思う。

しっかり拡張されたあとは、これまた俺の大好物であるアナルパール。

ボコンボコン、と次々に飲み込んでしまう俺の食いしん坊なケツマンコ。(もはやどうしようもないアナル)

アンッ!ドゥ~ッ!トロァ~ッ!!と心の中でつぶやきながら出し入れされるパールに白目を剥きそうになる。

そして、ゆみさんが俺の顔の上に乗ってくる。

顔面騎乗...GANKI!

【マンコ】

うぉー!!近い近い!!

マンコが近すぎて、クリに目のピントが合わないのでしっかりと把握できない!

なので、クリの詳細は見ていないが、割れ目がうっすらと湿っているのは...気のせいか?いや、きっとゆみさんったら、俺を責めながら濡れた!と思いたい(俺の思いとかどーでもいい)

ビラなしの綺麗なマンコ、「舐めてもよろしいでしょうか?」となぜか敬語で問う。

まぁ、M性感というステージでは女性のマンコを舐めさせてもらうなんていう行為は相当に敷居が高いと俺は思ってるからね。

そんなこんなで思ったよりガッツリと顔騎される。

最初はマンコを舐め舐めさせて頂く余裕があったのだが、徐々に圧迫されて口と鼻がマンコで密閉される。

「ングング!」

苦しいけど妙な興奮。

顔騎されながらチンコをシコシコしごかれる。

苦しみのと快感で悶絶状態へ入る。

フワ~っと意識が朦朧としてきたくらいで、顔騎終了。

そして、60分という時間はM性感にとっては結構早く感じる。

残り時間を考えると、そろそろフィニッシュへ行かねばならない。

【フィニッシュ】

手コキ

ゆみさんが俺のチンコをシゴきながら乳首を舐めてくれる。

そんなゆみさんの髪の毛の匂いを嗅ぎながら果てれるという俺にとっては最高のスタイルへ突入した。

先程よりも舌先を激しく使いながらの乳首リップ責めがなんとも気持ちいい!

チンポをシゴく握力も俺好みで、もはやいつでも発射準備完了だ。

シコシコシコシコ...あぁ~、ゆみさん、出ちゃいます!!

ドッペルゲンガー!!

何度か射精管理されているので、やはり量がスゴい!

久しぶりのM性感はやはり楽しい。

d3dfdeef4b6d78bfe2f7a661485e5569

◆総評◆

久しぶりのM性感は興奮した。アナルも定期的に拡張しておかないとどんどん硬くなる(締まっていく)と言われているので定期的なメンテが必要なのよね。そして、これも私見ではあるが、M性感の面白いところは、女性一人一人が必ずと言っていいほど得意な技を持ってるという事(ヘルス的な得意プレイではなく、もっと職人的というか責め方のスタイルというか)。今回のDOGUは痴女的な要素が強いM性感のお店なので、まさに初心者向けだと思う。もちろんアナルマスターにも満足できるお店だと思うが、痴女的な要素ってのはゴリゴリのアナル責めという一般的なイメージの敷居を下げるような意味合いがあるような気がする。もちろん、どのM性感でも、女性でもお客さんのレベルに合わせてプレイをしてくれるが、アナル拡張時のフェラはすごく気持ちよかったし、興奮した。あとはなんといってもゆみさんの温和な性格とネットリとしたスケベさとアナル拡張スキルに感服した。

0df72f98f1c3177620bab2dd845157e7

濃密度star_icon4(五段階評価)

彼女のアナル拡張はホントに素晴らしいスキルだと思う。スケベな雰囲気且つ、性格も優しいからまさに痴女って感じ。


~読者様へ~

遊びに行った際、お店で「体験ブログ見た」と言って頂いてる神様のような読者様へ。
ありがとうございます。その一言が、もっと多くのパックリ娘のご紹介に繋がりますのでよろしくお願いしますm(__)mそして、その一言で、その日出勤の一番オススメの女の子を紹介してもらえる事でしょう(特にフリーで遊ばれる方の場合)

※この体験リポートはあくまで個人の感想です。プレイした内容において嘘、過大評価等をする事なく、ガチンコ(忠実)にリポートしています。また★の数を保証するわけでもありません(が、事実のみの★です)
女の子の内面(性格等)の部分と本気度を重要視する傾向にあるので独自の評価基準を設けています事をご了承ください。


最近、ちょくちょくとコメントをいただいております。その際、こちらから直接コメントを返信できるメールアドレスを一緒に載せて頂けると助かります。公開したらライブドアからキックされそうなコメントもありますので。いただいたご意見・質問等の全てにお答えできるわけではないこともご承知ください。気分を害するようなコメント、粘着厨なコメントは華麗にスルーしますのでご了承くださいませ。風俗遊びは必死にならず楽しみましょう。